オンライン分科会「モビリティ・レジリエンス ~災害時のクルマ被災をどうするか?~」を開催しました。

2022.05.26

 5月13日(金)、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)主催「第6回 災害時の連携を考える全国フォーラム」にて、日本カーシェアリング協会企画の分科会を一般財団法人トヨタ・モビリティ基金様のご協力をいただき、オンラインで開催しました。「モビリティ・レジリエンス ~災害時のクルマ被災をどうするか?~」をテーマに、日頃からご協力いただいている以下の方々にご登壇いただき、各自の取り組み紹介及びパネルディスカッションを行いました。

 

コーディネーター:所澤新一郎様(一般社団法人共同通信社 気象・災害取材チーム長)

パネリスト:黒沢康孝様(株式会社オートバックスセブン 広報・IR部長)

      諸留逸様(トヨタ自動車株式会社 社会貢献推進部 主幹)

      横田有次様(岡山県 副知事)

      吉澤武彦(一般社団法人日本カーシェアリング協会 代表理事)

 

 冒頭、「災害でクルマを被災された方々の言葉」と題した動画を上映し、実際にクルマを被災された方の生の声からクルマ被災の現状を知っていただきました。

 

 続いて、コーディネーターを務める共同通信社 所澤様より、過去の災害時の状況からクルマが被災されたことで起こる被災者の抱える問題、クルマ被災のデータ不足についての問題提起等いただきました。また、日本カーシェアリング協会が行う被災地でのクルマ無償貸出しについて写真を使って紹介いただきました。

 

 その後、各パネリストからの取り組みを紹介しました。日本カーシェアリング協会 吉澤からは、災害時にクルマで困らない仕組みを作るモビリティ・レジリエンス(災害時に被災地で行うクルマの無償貸出し支援)を紹介。そして、災害が発生した際迅速に支援を進めるための3つの行動「災害時返却カーリース*1」「モビリティ・レジリエンス・アライアンス*2」「拠点の設置」について説明を行いました。

*1 https://www.japan-csa.org/blog/archives/2738

*2 https://www.japan-csa.org/action/mobility.php

 

 岡山県 横田副知事からは、当協会と連携を始めたきっかけである2018年7月西日本豪雨での当時の状況、また、その後の連携協定締結に至った背景をご紹介いただきました。

 

 オートバックスセブン 黒沢様からは、過去の災害にて日本カーシェアリング協会へ車両寄付・運搬・整備の支援を行った事例紹介、そして、連携協定締結の背景についてご紹介いただき、「今後はモビリティ・レジリエンス・アライアンス加盟の企業及び自治体と情報交換を行い災害支援を進めていきたい」と語っていただきました。

 

 トヨタ自動車 諸留様からは、日本カーシェアリング協会とトヨタ・モビリティ基金との関りと、自社で取り組まれている「トヨタ災害復旧支援」についてご説明いただきました。

 

 後半のパネルディスカッションでは、コーディネーターの所澤様が進行役となり、パネリストの皆様へ「災害支援における連携」を軸により具体的な質問を投げかけることで、とても貴重な意見が飛び交いました。

 

 

  

 岡山県 横田副知事からは、「自治体という立場で、日本カーシェアリング協会とその活動に対し、率直にどんな印象をお持ちになりましたか?」の問いに、「地方紙にも載っていたので安心はしていました。実際にお話して、取り組みの内容やどういった支援が必要かを分かりやすく丁寧に説明いただいたことが、安心して連携できそうだと思えましたし、また、他に支援を求めやすかったです」とお話いただきました。「岡山県での被災経験を踏まえ、クルマ被災について他の自治体へ連携に関するアドバイスをいただけますか?」の問いには、「日本カーシェアリング協会さんの支援は、途方に暮れている住民を勇気づける手段であります。各地の自治体で平時からこうした支援の仕組みを見込んでいくと良いと思います」とお話され、また、「様々な形で岡山県での豪雨災害時、災害直後に被災者を支援しようとする人たちを取りまとめる中間支援組織が活動されました。また、連携の組織であります災害支援ネットワーク岡山が立ち上がっており、こうした動きは各地で広がる傾向にあると思います。各地の中間支援組織でもクルマ被災を支援することを準備する動きがどんどん広がっていけばいいなと思っています」とお話いただきました。

 トヨタ自動車 諸留様からは、「トヨタ自動車様が『モビリティカンパニー』とされた経緯について教えていただけますか?」の問いに、「我々が目指す『モビリティカンパニー』とは、世界中の人々の『移動』に関わるあらゆるサービスを提供する会社でございます。自動車産業は今、100年に一度と言われる『大変革の時代』に突入しています。これからの時代、トヨタ単独、クルマ単体では生きていけず、強みを持ち寄り、ともに競争力を高め合いながら協調できる『仲間』が必要と考え活動しています」とお話いただきました。また、「クルマ被災について、自動車に関わる企業としてどう取り組んでいきますか?そして、その活動の成果が会社単独ではなく連携することで高まることはありますか?」の問いに、「南海トラフ地震で大規模災害が発生すると避難所外避難者が全国で多くなることを踏まえ、現在車中泊避難の啓発に取り組んでおります。連携については、自治体との連携も進めており、豊田市の自治体が主催する避難所運営の訓練の中で少しお時間をいただき、クルマの使い方や車中泊避難の注意事項について説明をさせていただくなど行いました。一企業だけでやるのは限界があるので、連携によってメディアさんや市民の方も興味を持っていただけるので、そうした点でも成果が見込めるのではと考えております」とお話いただきました。

  

 オートバックスセブン 黒沢様からは、「企業として、NPOや民間団体と連携するにあたり、社内でどのような議論や意思決定がありましたか?」の問いに、「実際に連携するにあたっては、社内でいくつかの基準を設けて検討を進めました。クルマを軸に活動していることは大前提として、大切にしていたことは大きく3つ。1.『活動型方針が明確であること』2.『活動範囲が全国であること』3.『活動報告をしていただけること』です。この条件を満たす団体が日本カーシェアリング協会さんでした。このような形で意思決定させていただきました」とお話いただきました。また、「連携のメリットは何ですか?」の問いには、「企業が支援しようとした際、現地でどのような活動をするか分からない中で判断するのは時間がかかるのですが、日本カーシェアリング協会さんと連携するということを決めておけば、『日本カーシェアリング協会さんが動けば私たちも動く』というシンプルなジャッジが出来ること、これが非常に大きいことだと思っています。あとは、このよう活動をしようとしたとき、一企業だけで成すことは非常に難しいと思っており、貸出し等の運営は日本カーシェアリング協会さんがやっていただき、私たちの役割として、クルマの提供・運搬・整備と分担することで明確な支援として迅速にどんどん回っていく。これがメリットかなと思います」とお話いただきました。

  

 最後に、当協会吉澤から、本日の議論を受けた感想、そして、企業セクター、自治体との連携で民間団体が目指すべき方向性について問われ、「方向性は、どのセクターも共通で『災害時にクルマで困らない社会にする』ということ、それ以外にないように思います。しかし、自治体や企業、それぞれ単独ではコストもかかりすぎるのでなかなか実現するのは難しいでしょう。逆に、連携さえ行えたら比較的簡単に実現できると考えます。私たち非営利団体の最も重要な役割は、連携しやすい枠組みを整えて案内していくことかなと思います」と話し、本分科会は閉会となりました。

  

 参加者の皆様からいただいたアンケートでは、多くの方から「大変満足」のお声が届き、「連携の重要性を認識した」「連携方法が参考になった」「災害の経験がないと必要に迫られないところがあるが、災害時に備えて考えておくことが大切であると認識した」というご意見が寄せられました。参加者の皆様からのご意見やご感想を参考に、日本カーシェアリング協会は、今後も様々な連携を通じ、全国の災害支援に取り組んでまいります。

  

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本カーシェアリング協会
E-mail: info@japan-csa.org
TEL: 0225-22-1453 FAX: 0225-24-8601

災害時返却カーリースご紹介ページ

2022.05.20

自然災害が発生すると被災地には、車を失ってしまい生活再建や日常生活を送ることが難しくなってしまう方がいらっしゃいます。
私たち日本カーシェアリング協会は、そのような被災地で車を必要としている方に一定期間車を無償で貸出する活動を行っています。まずは被災された方の声をお聞きください。

車を被災された方々の言葉

被災地に迅速に車を集めるためにできたのが災害時返却カーリースです。普段は安く車を使っていただけますが、いざ災害が発生した時にはその車を返却していただき、返却された車を被災地に運び無償貸出で活用していただけます。動画でも詳細を説明しています。

災害時返却カーリース解説動画

災害時返却カーリースの概要

災害時返却カーリース貸出の条件

  1. 災害発生時の返却要請から10日以内に指定の場所にご返却いただける方 
  2. 12ヶ月以内の解約の予定がない方
  3. 自動車の任意保険にご加入いただける方 (保険会社の指定はありません)
  4. リース車両を大切に使っていただける方(個人・法人問わず)

貸出車両:軽自動車・小型車

低年式車両や走行距離が長い車もありますが、貸出前に整備工場にて点検を実施します。
全車禁煙です。
※小型車は貸出可能地域が限られています。

月額リース料金: 軽自動車 10,000円(税別) 小型車 15,000円(税別) 
登録手数料・車検費用・自動車税の料金は発生しません。
自動車の任意保険付保必須 日々の日常点検費用は借主自身で負担

交通事故以外での車の修理に関しては協会が費用負担します。
一定金額を超える場合は車の入替で対応します。

契約期間 12ヶ月間*

*災害発生時にご返却いただく際は、返却をもって契約終了となります。

法人の方へ

社名入りのステッカーを車両の側面に張り付けます。社名入りの車が被災地で困っている方の移動を支えていきます。災害時の備えに対して協力的な企業であることを地域に対して発信することができます。(ステッカー代は5,000円)発生します。)不要な場合はお申し付けください。

注意点

以下の事由が発生した場合には違約金が発生します。

  1. 災害時、協会から返却要請をしてから10日以内に車を所定の場所にご返却いただけない場合 10万円の違約金を支払
  2. 契約期間の途中で解約をする場合 (協会からの要請に基づく返却は除きます。) 
    最大6カ月分のリース料金を違約金として支払
  3. 交通事故で車が全損となった場合  
    残りの契約期間のリース料金全額を違約金として支払

災害時返却カーリースに関心のある方は以下の方法でお気軽にお問い合わせください。
フォーム(オススメ): https://www.japan-csa.org/blog/contact
メール:info@japan-csa.org
電話:0225-22-1453 
   (営業時間:9:00-18:00* 土日は対応できるスタッフが不在の場合もございます。)

2022 年春の学生整備プロジェクトを開催しました

2022.05.03

恒例となっている 石巻専修大学 ✕ 日本カーシェアリング協会 の共同プロジェクト

『学生整備プロジェクト』を4月20日~22日の3日間に渡り開催しました。

初日は桜も満開。

最終日には散り終わり・・・という絶景のタイミングでした。


さて、この「学生整備プロジェクト」は石巻専修大学機械工学科自動車コース

授業の一環として実施しています。



協会で所有している、地域の足となっているコミュニティ・カーシェアリング車両をはじめ、

NPO活動やレンタカーとして広くご利用いただいているソーシャル・カーリース車両などを

中心に車のタイヤ交換やオイル交換などの日常点検などをおこないます。


そしてこの整備に欠かせないタイヤ、ホイール、エンジンオイル、

バッテリー、ケミカル用品、ワイパー等の各種用品は、

協会の活動主旨に賛同いただいたメーカー様よりご協賛いただいております。


今回は4年生10名と3年生7名の合計17名が

70台の車のタイヤ交換を行ってくれました!!!


今年はここ数年に比べると学生数も多く

振り返れば過去最高台数を1台更新する70台の車両のタイヤ交換と整備を実施することができました。

3日間の学生さんたちのがんばりに感謝です!

3年生7名のチーム。2チームに分かれて作業しました。
こちらはメインとなる4年生10名のチーム。ちょうど就活時期のためチームメンバーも変わりながら3チームに分かれて作業をしました。

本プロジェクトの開催にあたっては今回も

日本ミシュランタイヤ株式会社様   横浜ゴム株式会社様 

PIAA株式会社様    ルート産業株式会社様 

三共油化工業株式会社様     パナソニックカーエレクトロニクス株式会社様

株式会社ジョイフル


にご協力いただきました。

例年、ご協賛いただき、本当にありがとうございます。


そして今回もスペシャルゲスト!

ルート産業の伊藤社長にお越しいただきました!



プロジェクト開催にあたってご協賛いただきましたメーカー様をご紹介いたします。


日本ミシュランタイヤ様からはノーマルタイヤタイヤを13台分ご協賛いただきました。

ありがとうございます!


横浜ゴム様からはノーマルタイヤを20台分、ホイールを9台分ご協賛いただきました。

ありがとうございます!


PIAA様からはバルブ、カップレンチをご協賛いただきました。ありがとうございます!

すでにご協賛いただいているワイパーも水はけが悪くなっているものは新しいブレードに好感しました。


ルート産業様と三共油化工業様からはエンジンオイルをご協賛いただきました。

ありがとうございます!

古いオイルを抜いて、新しいオイルを入れていきます。


パナソニックカーエレクトロニクス様からはバッテリーを22個を協賛いただきました。

ありがとうございます!

バッテリーテスターでの計測や比重計で計測をし、交換が必要なものは交換をしていきます。


ジョイフル様から昨年にご協賛いただいたウィンドウォッシャーを今回も活用させていただきました。

ありがとうございます!


プロジェクト本番を迎えるまでに学生数人が約20台の車両の事前の組み替え作業を行ってくれました。

新学期が始まったばかりでしたが放課後が授業の合間を縫って作業していただき、

ありがとうございます。

おかげさまで当日はスムーズに作業を進めることができました。



また、当日の様子は石巻かほくさん、石巻日日新聞舎さんにご取材いただき、

学生も緊張しながらも取材にしっかりと答えていました。


4月29日石巻かほく掲載 安全願い自動車整備 石巻専修大生、日本カーシェア協とタイアップ


それでは、また秋に一回り成長した姿をお会いできることを楽しみにしています。

2021年秋の学生整備プロジェクトを開催しました

2021.11.17

恒例となっている 石巻専修大学 ✕ 日本カーシェアリング協会 の共同プロジェクト

『学生整備プロジェクト』を11月10日~12日の3日間に渡り開催しました。

例年、秋のタイヤ交換となると


さ、さ、さむ~い!!!


という印象が強いのですが昼間はぽかぽか陽気でした


さて、この「学生整備プロジェクト」は石巻専修大学機械工学科自動車コース

授業の一環として実施しています。



協会で所有している、地域の足となっているコミュニティ・カーシェアリング車両をはじめ、

NPO活動やレンタカーとして広くご利用いただいているソーシャル・カーリース車両などを

中心に車のタイヤ交換やオイル交換などの日常点検などをおこないます。


そしてこの整備に欠かせないタイヤ、ホイール、エンジンオイル、

バッテリー、ケミカル用品、ワイパー等の各種用品は、

協会の活動主旨に賛同いただいたメーカー様よりご協賛いただいております。


今回は4年生4名(本当は5名ですが時間差で2名企業研修のためお休み…)、

3年生10名の計14名が、52台の車のタイヤ交換を行ってくれました。

春に比べてぐっと大人の表情になった4年生。いい笑顔♪

そして本プロジェクトの開催にあたっては今回も

日本ミシュランタイヤ株式会社様   横浜ゴム株式会社様 

PIAA株式会社様    ルート産業株式会社様 

三共油化工業株式会社様     パナソニックカーエレクトロニクス株式会社様

株式会社ジョイフル


にご協力いただきました。

例年ご協賛いただき、本当にありがとうございます。


一社ずつご紹介いたします。


日本ミシュランタイヤ様からはスタッドレスタイヤを13台分ご協賛いただきました。

ありがとうございます!


横浜ゴム様からはスタッドレスタイヤを9台分、ホイールを10台分ご協賛いただきました。

ありがとうございます!


PIAA様からはワイパー、オイルフィルター、オイルドレンパッキン、バルブなどを

ご協賛いただきました。

ありがとうございます!

秋のタイヤ交換の際にオイルフィルターも交換しております。

水はけが悪いものはワイパー交換もしていきます。


ルート産業様と三共油化工業様からはエンジンオイルをご協賛いただきました。

ありがとうございます!

古いオイルを抜いて、オイルフィルターを交換し、新しいオイルを入れていきます。


春の学生整備プロジェクトの際にご協賛いただいた

パナソニックカーエレクトロニクス様からのバッテリーも活用させていただきました。

ありがとうございます!

バッテリーテスターでの計測や比重計で計測をし、交換が必要なものは交換をしていきます。


ジョイフル様からはウィンドウォッシャー、エンジンオイルを協賛いただきました。

石巻も冬は道路の凍結、ウォッシャー液も凍結しますので寒冷地用を今回は使用しました。

ありがとうございます!


また、本番を迎えるまでに専修大学で授業と放課後の合間をぬって、

事前の剥き替え作業を行いました。

今回は新規提供の車や年数的にも交換をした方がいいタイヤも多く、

30台分の剥き替えを予定していました。

事前の打合せでは


 この数では終わらないなー…

 外部にお願いしましょうかね~…


と話していたのですが、学生たちのがんばりによって

120本全ての交換を10月中に終えることができ、

当日はスムーズに作業を迎えることができました。

メーカーさんにも納品を早めていただくなどご協力をいただきとても助かりました。


当日はルート産業の伊藤社長が石巻まで足を運んでいただき、

学生たちへ激励の言葉をかけてくださいました。



当日の様子を動画にしましたのでぜひご覧ください。

また、協会の日常使用用にエーモン工業株式会社様より

汚れたオイルの処分箱「ポイパック」を協賛いただきました!

今年は車検や新規提供の車が多く、6月にご協賛いただいた分がなくなってきましたので

追加でご協賛をお願いしました。

いつも快くご協賛いただきありがとうございます!


今年の4年生は例年になく少ない人数となりましたが、

その分のチームワークとみっちりと実技を学ぶことができたおかげか

作業スピードがとても速く、前回も今回も予定台数を大きく超えて

作業をおこなってくれました!

これから車業界へ進む方や別の進路を選んだ方もいます。

まずは年明けの整備士試験に向けての追い込み、がんばってくださいね!


本プロジェクトにご協賛いただいた企業の皆さま、

そして石巻選手大学の学校関係者の皆さま、

学生の皆さん、本当にありがとうございました。


【令和3年8月豪雨災害】福岡県久留米市での車の無償貸出の予約を開始します

2021.08.21

この度の災害により被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


協会では久留米市を拠点に、この災害で車を被災した方、支援団体を対象に

車の無償貸出支援を始めることといたしました。

久留米での貸出開始は8月27日以降を予定しています。

貸出に先立って車の貸出予約を開始することになりました。※予約方法は後述

令和3年8月豪雨支援【福岡県久留米市】についての概要



▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら


◆貸出車両と期間

 11月30日まで無償貸出し

 ●軽乗用車・普通車…長期利用可(1ヵ月毎の更新)

 ●軽トラック…最長2日単位、期間中何度でも利用可能

 ※貸出しは事前の予約制です。


◆ご予約方法

 ①申込みフォームからの申込(24時間受付可)  申込フォームはこちら

 ②電話での申込(9:00 – 16:00) 070-1159-3443

 ※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。


◆貸出拠点

 久留米市総合福祉センター内 (久留米市長門石1丁目1番34号)

※貸出し拠点は今後移転する可能性があります。


◆受付時間

 9:00-16:00


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

▷▷▷本支援のチラシは こちら 




ご覧いただいた皆さまへ、ご支援のお願い


熊本から車をは運ぶ経費、車を安全に貸し出すための点検や整備費用、

自動車保険料、現地拠点を運営するための固定費やスタッフ人件費、旅費など

支援活動のためのご寄付をお願いいたします。


◆ガバメント・クラウドファンディング(寄付控除あり)

 ※ふるさとチョイスのページへ飛びます

貯まっているTポイントで寄付する(現在準備中)