「第15回いしのまき大賞」と第1回クルマ・社会・パートナーシップ大賞 「自動車ユーザー連携賞」の受賞が決まりました

2022.01.22

1月早々に嬉しいお知らせが2つ届きました!

一つ目は石巻市の地域振興や知名度アップに貢献した個人・団体を表彰する

「いしのまき大賞」に日本カーシェアリング協会が選定されました!


『「いしのまき大賞」決まる 東京五輪出場の藤井さんら、2人と2団体』 

河北新報1月15日掲載



そして、いしのまき大賞受賞のお知らせの翌日に、

「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」の部門賞である「自動車ユーザー連携賞」

のお知らせも届きました!


こちらは昨年新設されたアワードで、

一般社団法人自動車会議所様と株式会社日刊自動車新聞社様が主催しています。


クルマ・社会・パートナーシップ大賞 第1回受賞事業者決定!


わたしには皆様よりも一足早くに受賞のお知らせをいただきましたが

情報公開となりましたので皆様にもお知らせさせていただきます。


このふたつの受賞は私たちだけでは成しえなかったもので

これまで多くの皆様に活動を支えていただいたおかげです。

くるまのご寄付や物品などのご寄付、活動へのご寄付や助成など

多くの企業様や団体様、個人の方々の力があって、活動させていただいております。

本当にありがとうございます。



みやぎチャレンジプロジェクトを通じてご寄付をお願いいたします。


宮城県共同募金会が主催する社会課題解決『みやぎチャレンジプロジェクト』へ参加しています!

これは宮城共募への寄付を通じて、

日本カーシェアリング協会の宮城県内でのコミュニティ・カーシェアリングの事業推進に

充てさせていただきます。

目標金額  1,000,000円

期  間  2022年2月28日まで

▷▷▷寄付はこちらから


※当協会では本プロジェクト、もしくは寄付ページで紹介しているふるさと納税のみ寄付控除の対象となります。

※お振込をご希望される場合は、払込用紙を送付させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

担当:石渡(いしわたり)・西條(さいじょう)

 TEL 0225-22-1453 9:00-18:00

 メール supporter@japan-csa.org

お車の寄付をいただきました!(通算597台目)

2022.01.21

昨年末に佐賀県武雄市の方から軽自動車(NBOX)を寄付していただきました。
通算597台目のお車です。

こちらのお車、私たちが佐賀県と実施しているふるさと納税の返礼品で美味しいれんこんをご提供してくださっている相原さんから、親族の車を寄付できますか?とご紹介いただきました。

相原さんが住む武雄市は2019年、2021年と短い間に大規模な水害が襲った地域で、相原さんの農園も被災しています。そんな逆境にも負けず真摯にれんこんづくりに取り組み、私たちのことまで気にかけてくださる相原さんには、感謝してもしきれません。

(参考)これまで何度か相原さんにインタビューさせていただきました。


相原さんのれんこんは以下のリンクからお取り寄せすることができます。ふるさと納税の制度なので、実質の負担は2,000円で美味しいれんこんがたっぷり届きます。
是非ご購入を検討ください。
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/41001/4911999/182


少しブログのテーマから逸れてしまいましたが、相原さんから繋いでいただいたNBOXを、車がなくて困っている方の元へしっかりと届けてまいります。
相原さん、本当にありがとうございました!


~お車の寄付を大募集中!~
現在、生活困窮者や支援団体から「車を使えませんか?」という問い合せが激増しています。
不要になるお車をお持ちの方は、是非協会までご連絡ください!
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

お車の寄付をいただきました!(通算596台目)

2022.01.21

昨年末に佐賀県佐賀市の方からお車の寄付をいただきました。
通算596台目のお車です。

このワゴンRを寄付いただいた方は、なんと今回で3台目のお車のご寄付!(1台はリサイクル寄付)。しかも「これからも車を手放すときは、声かけるね!」と言ってくださいました。
このように、お車を手放すときはカーシェアに声をかけよう、と沢山の方に思っていただけたらとても嬉しいです。

車は名義変更、ステッカーも張り終わり貸出準備万端です!
ご提供いただいたY様、ありがとうございました!!


~お車の寄付を大募集中!~
現在、生活困窮者や支援団体から「車を使えませんか?」という問い合せが激増しています。
不要になるお車をお持ちの方は、是非協会までご連絡ください!
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

【メールニュースvol.79】 ◆ 2022ご挨拶 ◆

2022.01.05
<主なTopic>
 ・2022ご挨拶
 ・ありがとうノートと利用者の声(映像)
 ・ふるさとクラウドファンディングの御礼
 ・岩手初のCCS「上浜田アッシー君」発足
 ・スタッフ募集
 ・編集後記
 ◆2022ご挨拶
あけましておめでとうございます。

昨年は活動を開始して10年ということで
これまでの活動を振り返り、
本当にたくさんの方々に支えられてきたんだなぁ
と再確認した年でもありました。

また、同時に2025年に向けての目いっぱい背伸びした
目標を掲げ、新たな出発を決意した年でもありました。

今年は、私たちの取り組み一つ一つを丁寧に見直し
より貢献できる形にバージョンアップさせていこうと
企んでおります。

私たちの果たすべき役割や成果にこだわりを持ちながら
寄付でお預かりした車を活用して、どこまで社会の
お役に立てるかこれまで以上に挑戦してまいります。

温かく見守っていただければ幸いです。
私も一緒に!と身を乗りだしてきていただけると、
更に幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 ◆ありがとうノートと利用者の声(映像)
昨年の静岡と九州での支援活動でご利用いただいた
方々からのお声をご紹介させていただきます。

3名の方々に被災した時の状況と私たちの車が
どう役にたったのかお話いただきました。(3分半)
https://youtu.be/dwypCALo4Ag

車を返却いただく際に記載いただいている
任意のメッセージ「ありがとうノート」も
ご紹介させていただきます。
https://www.japan-csa.org/blog/wp-content/uploads/2021/12/reiwa3arigatonote.pdf

皆さんの応援が、一人一人のありがとうにつながりました。
皆さんにもしっかりその言葉をかみしめていただければと思います。
改めて心より御礼申し上げます。
 ◆ふるさとクラウドファンディングの御礼
ふるさと納税のクラウドファンディングで
41名の方々にご支援を賜り、863,000円のご寄付を
いただくことができました。
目標の300万円には届かなかったものの、
たくさんの方々にご支援をいただきありがたい限りです。

また、ご支援のいただいた人数に近い数の件数の
返礼品の発注を被災された事業者さんへ行い
多少なりとも応援できたことも皆様のお陰です。

https://www.furusato-tax.jp/gcf/1372

いただいたお気持ちを、しっかり受け止め
災害の備えをしっかり構築できるよう

・災害時に出動できる車をプールできる拠点の整備
・災害時に対応するためのアライアンスの拡大

に今年はしっかり取り組んでまいります。

ふるさと納税自体は、クラウドファンディング終了後
でも通年で募集しておりますので、よろしければ
継続してご検討いただけると助かります。

↓通年のふるさと納税の申込はコチラ
https://www.japan-csa.org/benefaction/furusato.php
 ◆岩手初のCCS「上浜田アッシー君」発足
岩手初のコミュニティ・カーシェアリング、
陸前高田の米崎町で「上浜田アッシーくん」が発足しました。

東海日報「カーシェアで高齢者の足確保 試験を経て本格運行へ」
https://tohkaishimpo.com/2021/12/25/348918/

1年前に相談を受けた際、既に週1回の買い物ツアーを
助成金でレンタカーを借りて無料で実施されていたのですが、
助成金がなくなった時の継続が課題でした。

つまり、今ある活動を「持続可能な仕組みに発展させること」
が私たちのミッションでした。

途中コロナの影響で中断したりしながらも、テスト運行を
続けながら、何度も地域の皆様にお集まりいただき会合を設け、
少しずつ取組内容の見直しを行ってきました。

その中で、外出支援やツアーなどの新たな活動が生まれ、
経費負担のルールが整理され、少しずつ継続的な運行実現の
兆しがみえてきました。

そして、12月23日に名称を「上浜田アッシーくん」と
新たにし(もともと「アッシーくん」という名称で
買い物ツアーを実施していたので、地名を頭に加えました)、
役員体制や役割分担の整理を行い、地域の皆さんの継続的に
取り組む決意を胸に正式に会を発足させたのでした。

まだ課題はありますが、やるべきことや方向性は明確に
なっているので、一歩ずつ前に進んでいただければ
安定した活動になると思っています。

石巻にみんなで行こうという話も出ているので、
宮城と岩手のカーシェア会が交流しあう楽しい機会を、
来年はぜひ実現したいなぁと思っています。

昨年は5つの地域でコミュニティ・カーシェアリングの
活動がはじまり、うち3つが正式に団体を発足しました。
(のこり2つも近々発足する予定)

地域の課題を楽しく活き活きと解決していくお手伝いを
今年もしっかり取り組んでいきたいと思います。

上浜田地区の支援はトヨタ・モビリティ基金
「地域に合った移動の仕組み作り」の助成を受けて
取組ませていただいております。
心より御礼申し上げます。
 ◆スタッフ募集
<車を活用した地域づくりコンサルタント>
https://partner.jica.go.jp/RecruitDetail?id=a0L2t000003kOabEAE

<災害支援事業>
災害時にクルマで困らない社会の仕組みを一緒に作りましょう。
https://partner.jica.go.jp/RecruitDetail?id=a0L2t000002gJ6OEAU

<整備兼カーサポート>
https://partner.jica.go.jp/recruitdetail?id=a0L2t000002gJPj&mode=DETAIL
 ◆編集後記
今日は私の師が次の世界に旅立った日。
私にとっては、新年よりも心が改まる一日なのです。
師にも自信をもって示せるような活動を
この1年も取り組んでいきたいと思います。