【令和3年8月豪雨災害】福岡県久留米市での車の無償貸出の予約を開始します

2021.08.21

この度の災害により被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


協会では久留米市を拠点に、この災害で車を被災した方、支援団体を対象に

車の無償貸出支援を始めることといたしました。

久留米での貸出開始は8月27日以降を予定しています。

貸出に先立って車の貸出予約を開始することになりました。※予約方法は後述

令和3年8月豪雨支援【福岡県久留米市】についての概要



▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら


◆貸出車両と期間

 11月30日まで無償貸出し

 ●軽乗用車・普通車…長期利用可(1ヵ月毎の更新)

 ●軽トラック…最長2日単位、期間中何度でも利用可能

 ※貸出しは事前の予約制です。


◆ご予約方法

 ①申込みフォームからの申込(24時間受付可)  申込フォームはこちら

 ②電話での申込(9:00 – 16:00) 070-1159-3443

 ※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。


◆貸出拠点

 久留米市総合福祉センター内 (久留米市長門石1丁目1番34号)

※貸出し拠点は今後移転する可能性があります。


◆受付時間

 9:00-16:00


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

▷▷▷本支援のチラシは こちら 




ご覧いただいた皆さまへ、ご支援のお願い


熊本から車をは運ぶ経費、車を安全に貸し出すための点検や整備費用、

自動車保険料、現地拠点を運営するための固定費やスタッフ人件費、旅費など

支援活動のためのご寄付をお願いいたします。


◆ガバメント・クラウドファンディング(寄付控除あり)

 ※ふるさとチョイスのページへ飛びます

貯まっているTポイントで寄付する(現在準備中)

【令和3年8月豪雨災害】佐賀・福岡での車の無償貸出支援を開始します

2021.08.17

今も雨が降り続いておりますが、

この度の災害により被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


協会では九州支部のある武雄市を拠点に、車の無償貸出支援を始めることといたしました。

令和3年8月豪雨支援【佐賀】についての概要


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら


◆貸出車両と期間

 11月30日まで無償貸出し

 ●軽乗用車・普通車…長期利用可(1ヵ月毎の更新)

 ●軽トラック…最長2日単位、期間中何度でも利用可能

 ※貸出しは事前の予約制です。


◆ご予約方法

 ①申込みフォームからの申込(24時間受付可)  申込フォームはこちら

 ②電話での申込(9:00 – 17:00) 070-1159-3443

 ※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。


◆貸出拠点

 日本カーシェアリング協会九州支部 (武雄市東川登町大字永野6766-1小山路窯内)

 ※貸出し拠点は今後移転する可能性があります。


◆受付時間

 9:00-17:00


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

▷▷▷本支援のチラシは こちら 

ご覧いただいた皆さまへ、ご支援のお願い


熊本から車をは運ぶ経費、車を安全に貸し出すための点検や整備費用、

自動車保険料、現地拠点を運営するための固定費やスタッフ人件費、旅費など

支援活動のためのご寄付をお願いいたします。


◆ガバメント・クラウドファンディング(寄付控除あり)

 ※ふるさとチョイスのページへ飛びます

貯まっているTポイントで寄付する(現在準備中)

登壇イベントのお知らせ

2021.06.08

6/28(月)15:00-17:00 未来工学研究所様の

創立50周年記念連続シンポジウムに代表理事の吉澤が登壇することになりました。https://www.ifeng.or.jp/wp/0628-form/

公益性の高い地域事業活動のこれからのあり方・進め方がテーマで、
私たちの活動のこれまでとこれからをお話する予定です。

オンライン開催なので、全国どこからでも視聴が可能です。
お時間ある方はぜひご視聴ください。

いしのまきSDGsパートナーに登録されました。

2021.06.02

令和3年5月27日、石巻市の「いしのまきSDGsパートナー」に登録されました。
https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10051050/1000/0600/SDGs_Partner.html

※いしのまきSDGsパートナー制度とは…SDGsの推進に賛同する企業などの皆さんと市が連携し、SDGsの普及啓発やSDGsの達成に向けた取り組みを推進していくため、「いしのまきSDGsパートナー制度」を創設しました。(石巻市HPより)

石巻市は、「SDGs未来都市」に選定されています。それに加えて国内で先進的な取組を行っているとして、「自治体DGsモデル事業」にも選定されており、私たちもグリーンスローモビリティの活用の点でこの事業に協力しています。
モデル事業の詳細はこちらから:https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10051050/1000/0200/20200525173304.html

協会では、SDGsのゴール達成に寄与できる、寄付車を活用した3つの支援事業を実施しています。
コミュニティ・カーシェアリング https://www.japan-csa.org/action/carshare.php
ソーシャル・カーサポート https://www.japan-csa.org/action/carsupport.php
モビリティ・レジリエンス https://www.japan-csa.org/action/mobility.php

そして、これらの支援事業の根幹にあるのは「寄付車」。全国の方々から寄付で集まった車たちのおかげでこの活動を行うことができます。
協会では、活用できる状態の車のみならず、車検切れの車の寄付も募集しており、どのような車であっても支援の力に変えることができます。

不要になったお車を寄付することで、社会に新たな価値を創造することができます。車の寄付をご検討いただけますと幸いです。車の寄付のお問い合わせはこちらから↓
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

架け橋ドライバー(寄付車の運搬ボランティア)募集!

2021.05.24
カバー画像

寄付車を運搬するボランティア「架け橋ドライバー」の情報を発信するグループを作りました。https://www.facebook.com/groups/2947656742186806

私たちの活動は端的にいうと車の寄付を集め、その車たちを困っている人、地域に届けることです。

車の寄付のイメージ

そんな私たちの活動では寄付者さんの元から車を使う場所まで運搬する工程が必ず発生します。中には「最後のドライブを楽しみます!」と石巻や武雄まで車を運転してくださる方もいらっしゃいますが、割合で言えばそれは多くありません。なので、スタッフ自身で運ぶか、もしくはボランティアさんに運転に協力をお願いしているのですが、運搬してくださるボランティアさんを、車を寄付いただく方と車で困っている人の架け橋になっていることから、架け橋ドライバーと呼んでいます。

車の届け先は、活動拠点のある宮城県石巻市、佐賀県武雄市、そして、災害が起こった際の被災地と様々。特に災害時には、「泥かきみたいな力仕事はできないけど、運転なら私にもできると思って」と沢山の方が架け橋ドライバーとして活躍してくださっています。

高齢化、災害の大規模・多発化、困窮層の増加など、車・移動に関する支援のニーズは年々高まっています。それに伴い、寄付車を使った支援活動もこれから日本全国から必要とされていくと想定しています。そのときに、迅速に車を届けられるように。「困っている人のために自分の車を使ってほしい」という寄付者さんの気持ちを日本全国に届けられるように。

寄付者さんと車がなくて困っている方の架け橋となってくださる方が日本全国にいてくれたら、きっと助かる人が増えるだろうなと思います。そんな経緯から、今回Facebookのグループで架け橋ドライバーグループを作成しました。

今年は例年より早く豪雨の季節がきています。いつどこで災害が起きても車が届けられるように。それをみんなの力を借りて実現させたいと思っています。架け橋ドライバーは運転免許証をお持ちの方であればだれでも参加が可能です。沢山の人に参加頂けると嬉しいです。そして、周囲のご友人にシェアもいただけると、とても嬉しいです。