【メールニュースvol.62】 ◆ 支援延長 ◆

2020.10.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

【日本カーシェリング協会メールニュースvol.62】    
     2020.10.6 ◆ 支援延長 ◆ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<主なTopic>
 ・無料期間1カ月延長
 ・大牟田での支援終了
 ・Tポイント支援1,000人達成まであと162人
 ・わたしたちのSDGs
 ・「石巻カーシェア道中記vol.3」ができました
 ・メディア掲載
 ・編集後記 

────────────────────────────
 ◆無料期間1カ月延長
────────────────────────────

令和2年7月豪雨が発災してから3カ月がたちました。
報道でも被災地の様子を取り上げられることが少なくなり
東北で暮らしているとなかなか現地の状況が見えづらいなと
感じています。

先月末から、今車を長期で借りてくれている方々に電話で
情況の確認を1週間かけて行いました。すると

車屋さんには見に行ってるけどもなかなか決まらない…、
自宅再建のことで頭もお金も手いっぱいで車まで余裕がない…、

という話をされる方が多く、約半数の方がまだ車の購入の
目途が立っていないという状況でした。

また、坂本地区で貸出の連携を行っている八代市からも
貸出期間の延長の相談を同じタイミングで受けました。

当初10月31日までの貸し出しを予定していた1カ月延長し
期間を11月30日までとすることに致しました。

現地の引き続き状況を確認しながら対応を続けて
いきたいと思います。


────────────────────────────
 ◆大牟田での支援終了
────────────────────────────

一方、三川地区公民館で短期の貸し出しを行っている大牟田
では9月30日をもって貸出を終了することとなりました。

連携している地元のNPO法人三池港未来まちづくり会と連絡を
取り合うなかで、長期貸し出しのニーズも含め確認した上で、
一定の役割は果たすことができたとの判断となりました。

8/13~9/30までの7週間で延べ74名の被災者の方へ車両提供を
行いました。

連携させていただいたNPO法人三池港未来まちづくり会の皆様、
三川地区公民館の職員の皆様、この活動を支えていただいた皆様
に心よりお礼申し上げます。


────────────────────────────
 ◆Tポイント寄付1,000人達成まであと162人
────────────────────────────

発災当初から募集を進めていたYahoo!基金が残り9日(15日18時まで)
となりました。
この基金の特徴はTポイントを1ポイント=1円で寄付できる
気軽さなのですが、気が付けば10月6日7時の時点で838人の方に
協力いただき目標として設定した50万円まで、残り約9万円と
なりました。

上記にあるように無料期間を延長しましたが、それに伴い当然
経費も追加で必要となります。少しずつ協力を集めながら
必要な支援を行えたらなと思います。

もしコンビニやガソリンスタンド等の買い物でTポイントが
たまっているようでしたら、無理のない範囲でこの基金に
ご参画いただけると嬉しく思います。

協力者が1,000人達成すれば、おおよそ目標額に達する見込み
となりますので、1,000人目標で15日まで呼びかけたいと思います。

応援よろしくお願いします。

↓Yahoo!基金はコチラから(クレジットカードでも寄付できます)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/4432006/


────────────────────────────
 ◆わたしたちのSDGs
────────────────────────────

先月発売された「未来をつくる道具 わたしたちのSDGs
(著者 川廷 昌弘氏)」に当協会の取組が紹介されました。

この本はSDGsについて達成目標毎に事例と共にわかりやすく
解説されていて、私たちは達成目標11「住み続けられるまちづくり」
の取組事例として紹介いただきました。

SDGs達成に向けて様々な取組がある中、取り組み事例
としてご紹介いただき光栄です。

しっかりと目標の達成に貢献できるように頑張ってまいります。
SDGsに関心のある方はとてもわかりやすい本なので、
ぜひご覧になってみてください。

「未来をつくる道具 わたしたちのSDGs」
https://amzn.to/2GCnbzq


また、石巻市では「SDGs未来都市」として選ばれ、これから行われる
「自治体SDGsモデル事業」に協力させていただくこととなりました。
https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10051050/1000/0200/20200525173304.html

本件については、詳細が決まり次第ご報告させていただきます。


私たちの事業をしっかり進めることで、いくつかのSDGsの
目標達成に貢献できると思っているので、しっかり自分たちの
取組を進めていきたいと思います。


────────────────────────────
 ◆「石巻カーシェア道中記vol.3」ができました
────────────────────────────

通算3冊目となる私たちの活動紹介パンフレット
「石巻カーシェア道中記vol.3」ができました。

私たちの今の取組を1冊の冊子にまとめています。
お時間ある時などじっくりご覧頂ければと思います。

上述した各事業毎に関係しているSDGs達成目標についても
アイコンで紹介していますので、合わせてご確認くださいませ。

↓コチラからダウンロードしてご覧になれます。(50M程あります)
https://www.japan-csa.org/pdf/douchuki_vol3.pdf

もし、冊子として手元に欲しい方はご連絡ください。
着払いになりますが、送らせていただきます。
お店に設置したり、お知り合いなどにご紹介頂く場合など、
複数部お送りすることもできますので遠慮なくおっしゃってください。

このパンフレットは東日本大震災現地NPO応援基金の助成を受けて
制作させて頂きました。心よりお礼申し上げます。


────────────────────────────
 ◆メディア掲載
────────────────────────────

コミュニティサポート事業部の平塚勇気(ドンさん)が寄稿した
原稿が『季刊地域43号』に掲載されました。

送られてきた本を持ち帰って家族に見せたら「お父さんすごいね」
と息子に言われたと言ってました。

石巻で生まれ育ち震災を経験した平塚が、こうして専門誌から
依頼を受けてコミュニティ・カーシェアについて寄稿して
発信するようになってくれたこと、またそれがその家族の
ちょっとした誇りになったことがうれしく思います。

そして、コミュニティの現場で地域と向き合い続ける彼の言葉が
必要な人に届けくことがまた、うれしいですね。

http://kikanchiiki.net/contents/?p=6484


────────────────────────────
 ◆編集後記
────────────────────────────

石巻で最初の地域おこし協力隊として、カーシェアの業務に
取り組んでいただいた石渡君が3年の任期を終え、
石巻市主催の退任式が先月末に行われました。

石渡君はスピーチで3年間の活動を報告した後、次のようなことを
最後に集まった関係者に伝えました。

『災害現場で対応した時、車を借りに来た被災者の方からどこから
 来たかと聞かれ、石巻とこたえた時、

 「私たちも何年かたてば石巻の人達みたいに、誰かを
 助けられるようになるのかしらね。何か元気出たわ。
 頑張らなくちゃね。ありがとうねー。」

と言われた。石巻は被災地に勇気を与えることができるんだ。』

私は、石巻を拠点に活動を続ける意味は、そこにあると思っていて
この活動に従事してくれているメンバーが自分の言葉で
力強く伝えてくれたことがうれしく、誇らしく思いました。

ちなみに石渡君は、職員として引き続きカーシェアの業務に
従事してもらうので、彼のことも引き続きよろしくお願いします。

↓退任式の様子
https://www.facebook.com/japancsa/posts/3322172067819111

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇日本カーシェアリング協会メールニュースの配信停止◆
 
退会用URL: http://www.japan-csa.org/xmailinglist/mailnews3/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇発行元◆◇

一般社団法人日本カーシェアリング協会
吉澤武彦
〒 986-0813
石巻市駅前北通り1丁目5-23
TEL 0225-22-1453 FAX 0225-24-8601
E-mail:info@japan-csa.org
ホームページ:https://www.japan-csa.org/
Twitter:https://twitter.com/#!/JapanCarSharing
Facebook:https://www.facebook.com/japancsa

【メールニュースvol.60】 ◆ 佐賀豪雨から1年 被災事業者の今 ◆

2020.08.27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日本カーシェリング協会メールニュースvol.60】
  2020.8.26 ◆ 佐賀豪雨から1年 被災事業者の今 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<主なTopic>
 ・佐賀豪雨から1年 被災事業者の今
 ・現地での車の活用が100台を超えました。
 ・東海村「公共交通フォーラム2020」(オンライン配信)
 ・「車のリサイクル寄付」キャンペーン開催中(~8/31)
 ・メディア掲載
 ・編集後記

 

────────────────────────────
 ◆佐賀豪雨から1年 被災事業者の今
────────────────────────────

 

まもなく佐賀豪雨から1年が経ちます。

 

あれから災害が色々あり、すごく昔のことのような
感覚を持つ方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

でも、まだ1年。

 

武雄に支部を設けた私たちは、武雄市内で被災された
事業者の方々と交流する中で、昨年の災害に加え、
新型コロナウイルスの影響を受け、苦労を重ねている状況
を垣間見ました。

 

今月初旬に2つの事業者さんをインタビューした動画(3分程度)
を本日公開致しましたので、ぜひご覧ください。
ご覧いただきながら被災された事業者さんの1年を
少しでも想像いただけたらなと思います。

 

馬渡商店 馬渡稔さんインタビュー
https://www.facebook.com/japancsa/videos/348012216375882/

相原農産 相原博憲さんインタビュー
https://www.facebook.com/japancsa/videos/1030980647336250/

 
私たちは佐賀県に支部を設立したことで、佐賀県の
ふるさと納税の仕組みを活用できることになりました。

 

ふるさと納税いただいた額の9割がカーシェアリング協会へ
の寄付となり、その中からお選びいただいた返礼品を
購入してお手元にお届けできる仕組みです。しかも
お支払いいただいた金額は確定申告の際に、税控除を
受けることができるため、実質的な負担が少なくて
済みます。

 

それならば、と、一般的にふるさと納税で扱われている
返礼品ではなく、昨年被災された事業者の商品を返礼品
として準備して、少しでも販売に協力することに致しました。

 
 

今、私たちは令和2年7月豪雨支援の活動資金を集める
必要があります。それを昨年武雄で被災した事業者の
みなさんを応援しながら実現したいと思います。

 

【ふるさと納税で被災地に車を届けよう!】 
https://www.japan-csa.org/benefaction/furusato.php

 
 
 
今回の私たちの呼びかけに5つの事業者さんが協力を
申し出てくださいました。

 

今回ご準備させていただいた返礼品は

 
 
レンコン、洋菓子、お酒、へちま水、お米、パクチー
 
といった多種多様です。
 
いずれも事業者の皆さんのこだわりがたっぷり
詰まった本当に素晴らしい商品ばかりです。

・相原農産さんのレンコンは農薬不使用

 

・デタントさんのマダム(洋菓子)はホワイトチョコが
 練りこまれた地元から愛されているカステラ。

 

・馬渡商店さんは県外からの来店も多い佐賀のお酒を
 取り揃えたこだわりの酒屋。

 

・へちまや群生舎さんのへちま水は防腐剤、保存料などを
 一切使用していない原液そのまま。

 

・江口農園のパクチーは本場のタイの種から作り、
 お米は10年連続最高評価特Aを受賞している。

 

自信を持ってお勧めします。

 

各商品の詳細ページには商品への想いに加え、
被災当時の状況やコロナの影響についてもご紹介しています。

 
 
そういった内容をご覧になるだけでも結構です。

 

今年のふるさと納税をまだ決めていない方はぜひ、ご検討くださいませ。

 

あと、企業を経営されたりお勤めの方はぜひ社員の皆様等
へこの情報をご案内いただければ嬉しいです。

 

  
↓詳細・各返礼品の申し込みはコチラから
https://www.japan-csa.org/benefaction/furusato.php

 

────────────────────────────
 ◆現地での車の活用が100台を超えました。
────────────────────────────

 

熊本で初めての貸出を行ってから1ヶ月と少しが経過。
沢山の方々に情報拡散の協力をいただき、現地で貸出する
ための車の台数が100台に到達しました。
ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

 

支援活用台数100台突破!クラウドファンディング支援者名100名&支援額80万円突破しました!~令和2年7月豪雨~   熊本で初めての貸出を行ってから1ヶ月と少しが経過。沢山の方々に情報拡散の協力をいただき、現地で貸出するための車の台…

一般社団法人 日本カーシェアリング協会さんの投稿 2020年8月25日火曜日

────────────────────────────
 ◆東海村「公共交通フォーラム2020」(オンライン配信)
────────────────────────────

 

今週末、東海村のフォーラムではコミュニティ・カーシェア
について1時間超の時間をいただきじっくりお話させていただきます。
この様子をYoutubeで生配信されるとのことなので、来週の土曜日
の午後、ご都合よろしければご覧頂ければと思います。

 

<自分たちのことは自分たちで考える
「いつもの暮らしの″あし″を考える公共交通フォーラム2020」>

 

8月29日(土曜日) 13時30分から15時30分まで(開場 13時00分)
東海村産業・情報プラザ アイヴィル 多目的ホール
入場料無料
事前申込不要
定員あり(先着100名)
※新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては
やむを得ずイベントを中止する可能性もあります。

 

詳しくはコチラをご確認ください。
https://bit.ly/2YoifEx

 

東海村公式Youtubeサイトはコチラ
https://bit.ly/329i7cY

 

────────────────────────────
 ◆「車のリサイクル寄付」キャンペーン開催中(~8/31)
────────────────────────────

 

「車のリサイクル寄付」キャンペーン開催中です。
お家で眠っているお車、買い替えに伴って不要になるお車がある
方がいらっしゃいましたら、是非お知らせください。
無料で引き取り、買取価格が災害支援の財源となります。

 

facebookでエピソードを紹介しました
https://www.facebook.com/japancsa/posts/3156492734387046

 

【石巻かほく】「不用な車の寄付を」 石巻・カーシェア協、災害支援の財源に
https://www.kahoku.co.jp/special/spe1000/20200818_11.html

 

↓リサイクル寄付の申し込みはこちらから
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php 

 

↓より詳細な内容はこちらから
https://www.japan-csa.org/blog/archives/1772

 

────────────────────────────
 ◆メディア掲載
────────────────────────────

 

八代市の坂本地区での貸し出しの様子を紹介いただきました。

 

NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20200825/5000009725.html

 

熊本日日新聞
https://kumanichi.com/kumacole/gouu2020/1573291/

 

────────────────────────────
 ◆編集後記
────────────────────────────

 

私たちはお昼は、千葉さんというカーシェア歴9年のベテラン
パートスタッフの手作りのご飯をみんなで材料代を
シェアしながら、一緒に食べています。

 

今回のふるさと納税で出品いただいている商品は購入して、
お昼にみんなで美味しく試食済みなのですが、どれも
本当に美味しかったです!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇発行元◆◇

 

一般社団法人日本カーシェアリング協会
吉澤武彦
〒986-0813 
石巻市駅前北通り一丁目5番23号
TEL 0225-22-1453 FAX 0225-92-7820
E-mail:info@japan-csa.org
ホームページ:http://japan-csa.org/
Blog:http://japan-csa.seesaa.net/
Twitter:http://twitter.com/#!/JapanCarSharing
Facebook:http://www.facebook.com/japancsa

令和2年7月豪雨災害の被災地で車の無償貸出支援を開始します

2020.07.16


協会ではこの度の豪雨災害で大きな被害が出ている九州にて、車の無償貸出支援を始めることと致しました。
特設ページはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/saigaishien
 
当協会がこれまで災害支援で活用してきた全国各地の拠点で管理していた車を人吉市等に運び、7月18日(土)から貸し出しを開始します。貸出期間は10月末までを予定しており、被災された方、現地で活動する支援団体等は無料で車を使っていただけます。
 
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、対応について方針を定め、感染拡大防止対策を講じながら貸出支援を実施していきます。

 

※人吉市から要請を受け、第1陣として本日、石巻・丸森・いわき・福崎町・武雄から31台が人吉市に向けて出発しました。現時点で約60台を月内に熊本県内に運搬予定。運搬には現地からの距離に応じて1日~8日かかり、届いた車から随時貸し出しを開始します。※運搬する車のうち10台はエーモン工業様から寄付いただき、約半数の運搬をオートバックスセブン様から支援を受け運搬致します。
 
◆貸出拠点
・【18日より】人吉市カルチャーパレス ホール棟入り口  (熊本県人吉市下城本町1578-1)
・日本カーシェアリング協会九州支部 (佐賀県武雄市東川登町大字永野6766-1小山路窯内)
※その他被災自治体等の現地からの要請に応じて臨機応変に対応します。
  

◆受付時間:9:00-17:00

 
◆ご予約方法
①申し込みフォームからの申し込みhttps://forms.gle/CHsJP1WNbGGvG3846
②お電話にて申し込み(9:00 – 17:00)
070-1146-6506
※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。
 

◆支援のチラシダウンロード

 
◆お願いしたい支援について
①支援で活用する車の募集
活用車両は「熊本・佐賀県内からのみ」募集します。
(不要な県外移動者を増やさないため)
 
②金銭的支援
今回100台規模での車の貸出を予定しています。
車の運搬費、整備費、保険代、現地での拠点立ち上げや活動費など多くの費用が掛かる予定です。
通常の寄付に加え、税制優遇が受けられる佐賀県版ふるさと納税や、Tポイントでの支援を受け付けています。 
また、近日中にクラウドファンディングを開始する予定です。応援いただけたら幸いです。 
 
③活用しない車の寄付
車をリサイクルして活動資金に変えていく「車のリサイクル寄付」は全国から募集します。車検切れのお車でも大丈夫です。※今回の災害で被災した車は対象外とします。

 

※これまでの活動で募集してきた「架け橋ドライバー」(車の運搬ボランティア)は人の往来を極力少なくするため今回の支援では募集を見送ることに致しました。コロナと災害の両方の影響を受けている被災地の経済活動を少しでも応援するために地元の人に有償でお手伝いいただき対応します。


今も九州をはじめ、多くの地域で豪雨被害が出ています。私たちにできることは限られていますが、今できることを精一杯やっていきたいと思いますので、情報拡散等でご協力をいただけたら幸いです。よろしくお願いします。
  
 
※車の利用、支援についての詳細はすべて特設ページからご確認いただけます。https://peraichi.com/landing_pages/view/saigaishien

※※新型コロナウイルス感染災害対応における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する方針は以下からご覧いただけます。
https://www.japan-csa.org/blog/archives/1728

環境にも社会にもやさしい車の寄付、広がってます

2020.06.12

車リサイクル寄付、広がってます

昨年の6月から自動車リサイクル業界のご協力をいただいて始まった、新しい車の寄付のカタチ「自動車のリサイクル寄付」。寄付していただいた車の台数が、まもなく100台になります。(現在82台)
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

この仕組みは、協会が活用するのが難しい車*を、提携しているリサイクル業者さんに買いとってもらい、車は解体・リサイクルされ、買取金額が協会の社会貢献活動のために寄付されるというもの。
*状態が悪い車だけでなく、現場の状況によっては状態が良い車でもリサイクル寄付に回すお願いをすることがあります。

いただいたお車は、すべてしっかりとした技術をお持ちのリサイクル会社さんの手で、環境にやさしく再利用・再資源化されています。

 ご寄付いただいた方からの嬉しい声

「新聞で初めて知りました。わずかの金額で売るより役に立てるのであればありがたいです。広く宣伝が必要だと思います。」
 
「モッタイナイを実践し、素晴らしい。
社会貢献だと思いますので続けてご活躍ください。」
 
「車が故障し修理が高額のため手放すことにしました。業者がディーラーから搬送を無料でしていただき助かりました。部品が再利用されるとはわかりませんでした。少しでも寄付することが出来て嬉しく思います。」
 
**
この記事を書いているときに83台目の寄付のご連絡が。
「少しでも誰かのやくに立つならー」という嬉しいお言葉をいただきました。
 
協会では、これからコロナウイルスで生活が苦しい方へ向けた車の支援を始めていきます。(https://www.japan-csa.org/blog/archives/1686)車のリサイクル寄付で集まった寄付金は、そういった活動の財源となります。ご自宅・会社で使わずに眠っている車・動かない車がある方、是非協会へご連絡ください。まずは目指せ100台!

春のタイヤ交換を実施しました

2020.05.29

4月下旬に春のタイヤ交換を行いました。

‣前回の様子はこちら

例年4月と11月に石巻専修大学で授業の一環として、行っていますが、

いつも開催協賛依頼の準備をだいたい2か月前から始めていきます。

2月頃からでしょうか。

新型コロナウィルス(COVID-19)のニュースが連日世間を騒がせ始めたのは。

ちょうど協賛をお願いする時期でした。

特に私たちをご支援していただいる企業様は本社が東京にあり、

とても大変な時期と重なってしまい、申し訳ないなぁと感じておりました。

ですが、在宅勤務などで調整がとても大変な中にも関わらず、

みなさんとても早くに「今年も協力しますよ」とご返答をくださり、

そのご支援の気持ちが本当に暖かくてうれしかったです。

その頃からスタッフも会員さんのご自宅への訪問を極力減らし、

お茶っこ会やお花見なども中止、スタッフも在宅勤務を始めるなど、

協会内外の体制がどんどん目まぐるしく変化していきました。

石巻市内の学校も休校となり、徐々に宮城県内での感染者も出始めたころ、

石巻専修大学も学生たちが岩手県や仙台方面など広い範囲から通学してくる、

ということあり、授業の中止・学外者の立ち入り禁止となり、

泣く泣く中止、ということになりました。

そんなピンチを救ってくださったのが、

カメイ株式会社 ENEOS Dr.Driveセルフ石巻中里店様です。

事務所から車で2分程

タイヤ交換について困っている旨をご相談したところ、快く快諾くださり、

タイヤ交換と日常点検を行ってくださることになりました。

一部の車両のついてはユーザーの方にお渡ししたり、

事務所で作業を行いました。

事務所での作業は協会スタッフの整備士と、秋くらいから

忙しいときにお手伝いに来てくださる

地元の整備ボランティアさんが来てくれました。

フィッシャーマン・ジャパンさん

石巻グリーフサポート

そして専修大学の先生方もご協賛いただいた新しいタイヤとホイールの

組み込み作業をおこなってくださいました。

学校近くのコンビニで受け渡し

この春は、協会の活動にサポートしてくださる企業や学校の方々が

それぞれができることを持ち寄った結果、大きな連携の輪ができました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

ー協力・協賛企業様ー

カメイ株式会社 ENEOS Dr.Driveセルフ石巻中里店様

石巻専修大学 (機械工学科のニューース)

日本ミシュランタイヤ株式会社様   横浜ゴム株式会社様 CSRでの紹介)

トピー実業株式会社      株式会社エステー

ルート産業株式会社様    三共油化工業株式会社様

パナソニックカーエレクトロニクス株式会社様

ルート産業株式会社様・三共油化工業様よりエンジンオイルをご協賛いただきました。

パナソニックカーエレクトロニクス株式会社様よりバッテリーをご協賛いただきました。

株式会社エステー様より消臭剤をご協賛いただきました。

専修大学では現在はオンライン授業が行われいるようです。

2級整備しを目指すのであれば必要な実習。

秋には工学センターで学生たちに会えることを願っています。