防災イベント「ぼうさいこくたい2022」にてオンラインセッション開催しました

2022.11.06

 10月22日(土)内閣府主催「第7回ぼうさいこくたい(*)2022」にて、日本カーシェアリング協会企画のオンラインセッションを一般財団法人トヨタ・モビリティ基金様のご協力をいただき開催しました。

  

 「モビリティ・レジリエンス ~災害時のクルマ被災をどうするか?~」をテーマに、日頃からご協力いただいている以下の方々にご登壇いただき、各自の取り組み紹介及びパネルディスカッションを行いました。

 

(*)ぼうさいこくたいとは、防災に関する活動を実践する多様な団体・機関が一同に会し、取組・知見を発信・共有する日本最大級の防災イベントで、講義型セッションや来場者が楽しく学べる体験型ワークショップ、ブースでのプレゼンテーション、屋外展示等を実施し、令和4(2022)年度は第7回の開催。

 

【コーディネーター】

所澤新一郎様(一般社団法人共同通信社 気象・災害取材チーム長)

 

【パネリスト】

諸留逸様(トヨタ自動車株式会社 社会貢献推進部 共生社会推進室 モビリティフォーオールG 主幹)

宮本明子様(一般財団法人トヨタ・モビリティ基金 プログラム企画G プログラム・マネージャー)

岩永幸三様(佐賀県 県民環境部副部長)

伊藤和茂様(ルート産業株式会社 代表取締役)

吉澤武彦(一般社団法人日本カーシェアリング協会 代表理事)

 

≪当セッションのページ≫

 

 冒頭、令和4年8月の豪雨災害にて我々が新潟県村上市で行っている支援活動の動画を上映し、実際にクルマを被災された方の生の声からクルマ被災の現状を知っていただきました。

 

 そして、前半には、各登壇者の取り組みをスライドを使って紹介。後半のパネルディスカッションでは、コーディネーターの所澤様が進行役となり、パネリストの皆様へ「災害時のクルマ被災をどうするか?」をテーマに、より具体的な質問を投げかけていただきました。

 

 今回のセッションの特徴は、自治体・企業・個人・財団・NPOといった様々な立場で活躍されていらっしゃる方々に登壇いただいたことでした。所澤様の質問によって、それぞれの立場で何を考え、何ができて、それぞれが連携するためには何が必要か各登壇者から語られました。

 

 

 参加者の皆様からいただいたアンケートでは、多くの方から「大変満足」のお声が届き、「クルマ被災に対して理解が深まった」「自分の立場でできることのヒントを得た」「連携の重要性を認識した」というご意見が寄せられました。

 

 本セッションは、アーカイブ動画にてご視聴いただけます。是非ご覧ください。

 

 

 そして、今後の我々の活動の参考にさせていただきたく、アンケートにもご回答いただけますと幸いです。

 

 皆様からのご意見やご感想を参考に、日本カーシェアリング協会は、今後も様々な連携を通じ、全国の災害支援に取り組んでまいります。

 

 

【本件に関するお問合せ先】

一般社団法人日本カーシェアリング協会

E-mail: info@japan-csa.org

TEL: 0225-22-1453 FAX: 0225-24-8601

令和4年台風15号で車を被災された方へ、車の無償貸し出し支援予約受付開始(静岡)

2022.10.04

令和4年9月に発災した台風15号で被災された方・支援活動を行う団体を対象に車の無償貸し出し支援の予約受付を開始します。貸出し開始日及び貸出場所は静岡市内で現在調整中のため確定しましたら、改めてご案内させていただきます。ご予約いただいた皆様には車の準備ができ次第、順番にご案内させていただきます。

予約申し込みフォーム(24時間申込OK)

予約専用電話番号(9:00‐17:00):070-1140-5458

<支援概要>
支援内容:車の無料貸し出し
対象:令和4年台風15号で被災された方、支援活動を行う団体
無料貸出期間:2022年10月11日~1月31日まで ※延長しました(追記:11月12日) 
貸出形態:
●長期貸出 [車種:軽乗用] 期間:最長14日
●短期貸出 [車種:軽乗用・軽トラック] 期間:当日返却もしくは1泊2日
 ※返却したら次の予約ができます。無料貸出し期間中何度でも利用可能です。
 ※他の方の予約があるため延長はできません。
貸出場所:日本カーシェアリング協会静岡拠点 東静岡MARK IS静岡隣 (詳細地図)(追記:11月14日)
定休日:毎週火曜日・木曜日 
 ※他にも拠点を不在にする場合が多いため御用の方は予めご連絡ください。
貸出の条件: 
1.免許証のご提示(運転する方全員分。申込者以外はコピー・写真可)
2.携帯電話の所有(お持ちでない場合はご相談ください)
3.被災の証明(被災・罹災証申請控え、証明書、状況のわかる写真等)
 ※被災を証明できるものがない場合はご相談ください。
 ※被災した法人なども申込可能です。
 ※支援活動を行う団体も申込可能です。その場合、3の条件は不要ですが、活動内容を確認させていただきます。被災された方への対応を優先しますのでご了承ください。                                
自動車保険:下記の自動車保険がついています。但し、補償額を超えたもの免責金額及び保険約款の免責事項に該当する事故は、原則利用者負担となります。
 ・対人:無制限 
 ・対物:無制限(免責額5万円)
 ・人身傷害:3,000万円/人(乗車中のみ)  
 ・車両:なし
 ※故意でない外装の破損については基本的には現状復旧を求めません。安心してご利用ください。但し、修理代等はこちらで一切負担できないので、修理が必要になり、その車に乗り続ける場合は、ご自身で対応いただく事になります。
備考:
1.使用している車は全て寄付いただいた中古車です。大切に使用してください。
 ※急場をしのいでいただくために集まった車なので外装の傷やへこみ、メンテナンスが十分に行き届いていない可能性もあります。
2.台数に限りがあり、貸出しまで日数がかかます。 
 ※特に長期貸出はお待ちいただく期間が長くなることが想定されます。車が十分に集まった場合、より長期間お借りいただけるように調整する予定です。

チラシダウンロード

予約申し込みフォーム(24時間申込OK)

予約専用電話番号(9:00‐17:00):070-1140-5458




** **

支援で活用する車の寄付を募集しています。

<募集している車の条件>
・軽自動車
・安全な走行に支障がない車(オイル漏れ、エンジン・足回りの不調等がない)
・車検が残っている
・寄付後の車の使途や廃車のタイミングを協会に一任いただける

【車の寄付申込・お問い合わせ】
申込・お問い合わせ:フォームからご連絡ください。
車の寄付について:詳しくはこちらをご参照ください。


※他にも協力を募集しています

・現地での臨時スタッフ(お問い合わせください
・車の運搬ボランティア(facebookグループへご参加ください) 
・活動費の支援(寄付ふるさと納税) 

令和4年8月豪雨で車を被災された方へ、車の無料貸し出し支援受付開始

2022.08.08

8月4日からの大雨で新潟県内の様々な地域で被害がでています。5日に村上市、関川村へ調査を行い多くの車の浸水被災を確認しましたので無料貸し出し支援を実施いたします。つきまして、予約の受付を開始します。

新潟県の村上市内に拠点を設置し(神林農村環境改善センター)、8月20日(土)から車の無料貸出支援を開始する予定です。予約いただいた方へ車の準備が整い次第ご連絡させていただきます。(拠点にお越しいただいても車をお貸しすることができないため、必ず事前ご予約いただけますようお願いいたします)

 

<支援概要>
支援内容:車の無料貸し出し
期間と貸出車両: 10月31日まで 
  乗用車…長期利用可能 / 軽トラック…2日(期間中、何度でも利用可)
貸出拠点:神林農村環境改善センター(村上市岩船駅前63番地) 

予約申込フォーム:https://www.japan-csa.org/blog/202208disaster

予約専用電話番号:070-1145-24769時~17時)

※8月11日~16日は夏季休暇のため電話での予約受付は行わず、WEBのみでの受付となります。 

チラシダウンロード

  

今すぐにでも対応したいのですが、すぐに出せる車は既に発災していた他の地域での支援活動に使用していることと、お盆期間を挟むため運搬や登録がスムーズに行えないこともあり準備に時間がかかってしまいます。できる限りのことを尽くし、少しでも皆様の力になれたらと思っています。

  

*車の寄付募集しております。
 ①3ヵ月以上車検の残っている
 ②安全な走行に支障がない車(オイル漏れ、エンジン・足回りの不調等がない)
 ③寄付後の車の使途や廃車のタイミングを協会に一任いただける
 詳細・申し込みはコチラから
 https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

  

*現地スタッフ募集 
 ①パートタイムシフト制 週3回以上  8:45-17:15 8:45-13:00 13:00-17:45 
 ②3名募集 
 ③主な業務:問合せ・予約対応(電話やシステム入力あり)、車の貸出し準備(洗車・清掃)、貸出し・返却対応(システム入力あり)、車の名義変更等 
 ▽現地スタッフに関する詳細確認や、お問い合わせはこちらから 
 0225-22-1453 saiyou@japan-csa.org 
 募集内容詳細


*車の運搬ボランティア募集(特に新潟県内で対応いただける方)
 facebookグループで随時募集します。ご協力いただける方は登録お願いします。 https://www.facebook.com/groups/2947656742186806


*活動支援金(クラウドファンディング)への協力も募集しております。
 JAF×JCSA「被災時に車を無償で借りられる」明日の災害に備える仕組みにご支援を
 https://readyfor.jp/projects/jaf-mobility-resilience

宮城県で車を被災された方へ、車の無料貸し出し支援受付開始

2022.07.16

7月15日からの大雨で宮城県内の様々な地域で被害がでています。16日、大崎市内へ調査を行い車の被災を確認しましたので無料貸し出し支援の受付を開始します。

大崎市内に拠点設置の調整をすすめていて、準備が整い次第貸出しを開始する予定ですが、お急ぎの場合は石巻で対応いたします。もし車が水没し、手配にお困りの方は、ひとまずご連絡ください。

予約申込フォーム:https://www.japan-csa.org/blog/202207disaster
予約専用電話番号:070-1159-3443(9時~17時)
チラシダウンロード

大崎市はここ10年で3度目の被災です。過去の災害対応で訪れた場所に再び今日訪れ、被災された皆様のお気持ちを考えると、なんとも言えない思いになりました。少しでも力になれたらと思います。

*車の寄付募集しております。
 ①3ヵ月以上車検の残っている
 ②安全な走行に支障がない車(オイル漏れ、エンジン・足回りの不調等がない)
 ③寄付後の車の使途や廃車のタイミングを協会に一任いただける
 詳細・申し込みはコチラから
 https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

*活動支援金(クラウドファンディング)への協力も募集しております。
 JAF×JCSA「被災時に車を無償で借りられる」明日の災害に備える仕組みにご支援を
 https://readyfor.jp/projects/jaf-mobility-resilience

【プレスリリース】7月13日より日本自動車連盟(JAF)との共同クラウドファンディングを開始します

2022.07.13

2022年7月13日より、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)と協働でクラウドファンディングのプロジェクトを開始します。
クラウドファンディングを通じて、災害支援の財源を確保するとともに、災害時の車の被災についての認知を深め、この取組への賛同者を増やすことを目指します。温かいご支援をいただけますと幸いです。



クラウドファンディング概要
プロジェクトタイトル:「被災時に車を無償で借りられる」明日の災害に備える仕組みにご支援を」
○プロジェクトページ: https://readyfor.jp/projects/jaf-mobility-resilience
○期間:7月13日(水)~9月8日(木) 23:00まで
○目標金額:300万円
○寄付金の使用目的
 ・災害支援活動で活用する寄付車の維持管理費
 ・被災地まで車を運ぶ運送費 など


プレスリリースの詳細はこちらからご覧いただけます。(外部サイトにリンクします)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000047113.html