【令和3年8月豪雨災害】福岡県久留米市での車の無償貸出の予約を開始します

2021.08.21

この度の災害により被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


協会では久留米市を拠点に、この災害で車を被災した方、支援団体を対象に

車の無償貸出支援を始めることといたしました。

久留米での貸出開始は8月27日以降を予定しています。

貸出に先立って車の貸出予約を開始することになりました。※予約方法は後述

令和3年8月豪雨支援【福岡県久留米市】についての概要



▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら


◆貸出車両と期間

 11月30日まで無償貸出し

 ●軽乗用車・普通車…長期利用可(1ヵ月毎の更新)

 ●軽トラック…最長2日単位、期間中何度でも利用可能

 ※貸出しは事前の予約制です。


◆ご予約方法

 ①申込みフォームからの申込(24時間受付可)  申込フォームはこちら

 ②電話での申込(9:00 – 16:00) 070-1159-3443

 ※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。


◆貸出拠点

 久留米市総合福祉センター内 (久留米市長門石1丁目1番34号)

※貸出し拠点は今後移転する可能性があります。


◆受付時間

 9:00-16:00


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

▷▷▷本支援のチラシは こちら 




ご覧いただいた皆さまへ、ご支援のお願い


熊本から車をは運ぶ経費、車を安全に貸し出すための点検や整備費用、

自動車保険料、現地拠点を運営するための固定費やスタッフ人件費、旅費など

支援活動のためのご寄付をお願いいたします。


◆ガバメント・クラウドファンディング(寄付控除あり)

 ※ふるさとチョイスのページへ飛びます

貯まっているTポイントで寄付する(現在準備中)

【令和3年8月豪雨災害】佐賀・福岡での車の無償貸出支援を開始します

2021.08.17

今も雨が降り続いておりますが、

この度の災害により被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


協会では九州支部のある武雄市を拠点に、車の無償貸出支援を始めることといたしました。

令和3年8月豪雨支援【佐賀】についての概要


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら


◆貸出車両と期間

 11月30日まで無償貸出し

 ●軽乗用車・普通車…長期利用可(1ヵ月毎の更新)

 ●軽トラック…最長2日単位、期間中何度でも利用可能

 ※貸出しは事前の予約制です。


◆ご予約方法

 ①申込みフォームからの申込(24時間受付可)  申込フォームはこちら

 ②電話での申込(9:00 – 17:00) 070-1159-3443

 ※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。


◆貸出拠点

 日本カーシェアリング協会九州支部 (武雄市東川登町大字永野6766-1小山路窯内)

 ※貸出し拠点は今後移転する可能性があります。


◆受付時間

 9:00-17:00


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

▷▷▷本支援のチラシは こちら 

ご覧いただいた皆さまへ、ご支援のお願い


熊本から車をは運ぶ経費、車を安全に貸し出すための点検や整備費用、

自動車保険料、現地拠点を運営するための固定費やスタッフ人件費、旅費など

支援活動のためのご寄付をお願いいたします。


◆ガバメント・クラウドファンディング(寄付控除あり)

 ※ふるさとチョイスのページへ飛びます

貯まっているTポイントで寄付する(現在準備中)

【令和3年7月豪雨災害】静岡県内での車の無償貸出支援を開始します

2021.07.18


この度の災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、

被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


協会では土砂災害のあった静岡県熱海市を中心に、車の無償貸出支援を始めることといたしました。


令和3年7月豪雨支援概要


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

◆貸出車両と期間
 9月30日まで無償貸出し
 軽乗用車…長期利用可能 / 軽トラック…1日

◆貸出拠点
 熱海市総合福祉センター3F (熱海市中央1-26)
 ※沼津市内調整中

◆受付時間
 9:00-16:00
 ※拠点のお休みは福祉センター内のスケジュールに合わせます。

◆ご予約方法
①申込みフォームからの申込(24時間受付可)  申込フォームはこちら
②電話での申込(9:00 – 16:00) 070-1159-3443
 ※電話が殺到する可能性があるため、極力①のフォーム利用をお願いしております。


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

先日、協会のSNSで先に発信いたしました現地町でのレポートを転載いたします。


<現地調査(熱海・沼津・薩摩川内・伊佐・さつま町>

発災直後から現地の自治体や災害ボランティアセンターのサポートを行っている

OPEN JAPANから熱海市役所の紹介を受け、

7/9~現地入りし調査と調整を行いました。

熱海では多くの車が土砂で被災していることが確認されました。

熱海市とも協議を行い車の貸出に向けての準備を進めることになりました。

熱海での調整を進めていく中で沼津で多くの車が被災した地域があるという話を聞き、

沼津にも入りました。

沼津で立ち上がった支え合いセンターのサポートを行っていた李さんと結の協力の元、

沼津市社協さんや地元の町内会連合と意見交換を行いました。

被災した原地区の現場を歩くと、普通に車が停まっているように見えるのですが、

よく見るとその多くがレンタカーの「わ」ナンバーでした。

試しに1ブロック数を数えてみたのですが23台中11台が「わ」ナンバーでした。

庭先でおしゃべりしていたおじさんとおばさんに話しかけると

「みんな少し高台になってる公園に車を避難させたんだけど、

それ以上に雨が降って、この地域の人たちはみんな車被災したんだ」と話してくれました。一緒にいたおばさんも「うちは3台だめになったのよ。。。」

そうこうしている間に支え合いセンターにクルマの相談が入っていると知らせを受け、

具体的な相談を受けました。

熱海と沼津、いずれも局所的ではありますが車を被災し困っていらっしゃる方々がいるので、

貸し出し支援の準備を進めてまいります。

14日には、九州支部が鹿児島県内の現地調査も行いました。

薩摩川内、伊佐市、さつま町で自治体・社協とひとまず情報を共有し、

要請に応じて人吉にある車で対応できるように調整を行いました。

全国各地で集中豪雨による水害が起こっています。

頼もしい仲間たちと連携しながら被災された方々の生活再建に少しでも力になれるよう、

私たちにできることで取り組んでまいります。

  協会Facebookからの引用

鹿児島県内の様子。九州支部の江口さんが動いてくれました。

昨年の令和2年7月豪雨でご寄付いただいた車を熊本県人吉市から

まずは静岡県熱海市に運びます。

昨年の人吉拠点で活動してくれたが地元スタッフが洗車などの車を準備し、

地元の椎葉重車輌さんが点検を引き受けてくださり、

点検で使用するオイルをルート産業さんに協賛提供いただき、

車の運搬を陸送会社のゼロさんにご協力いただく、という連携のもと、

まずは5台、17日に人吉から出発しました。

これらの車は24日に熱海に到着予定です。

他の行政機関との手続きに合わせて26日(月)からの貸出しを予定しています。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内部で作成した方針を厳守しながら支援活動を実施していきます。


 ご覧いただいた皆さまへ、ご支援のお願い


熊本から車をは運ぶ経費、車を安全に貸し出すための点検や整備費用、

自動車保険料、現地拠点を運営するための固定費やスタッフ人件費、旅費など

支援活動のためのご寄付をお願いいたします。


ふるさと納税を活用して寄付する

◆ガバメント・クラウドファンディング(現在準備中)

貯まっているTポイントで寄付する


▷▷▷本支援に関する特設ページは こちら

【メールニュースvol.74】◆静岡で災害サポートレンタカー受付開始◆

2021.07.18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  日本カーシェアリング協会メールニュース
               vol.74 2021.7.18
  ◆ 静岡で災害サポートレンタカー受付開始 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールは以前に、当協会スタッフと
 名刺交換させていただいた皆さま等へ
 ご案内させていただいております。
 
 配信停止をご希望の方は、お手数ですが
 このメールの下部に記載しております
【退会用URL】をご覧ください。

 ----------------------------------

<主なTopic>
 ・静岡で災害サポートレンタカー受付開始
 ・10年ありがとう会(7/30)
 ・「大山カーシェアリング会」発足
 ・メディア掲載
 ・車の寄付絶賛募集中
 ・スタッフ募集
 ・編集後記

────────────────────────
 ◆静岡で災害サポートレンタカー受付開始
────────────────────────

先に現地入りした連携団体らの協力を得て7/9~静岡
に現地入りし、熱海・沼津の自治体・社協・町内会
連合等と調整を進めてまいりました。

熱海も沼津も局所的な被害ではあるものの、土砂の
中に埋もれた車が散見し、沼津で被災した地域では、
高台の公園に避難させた車が全て冠水し多くの車が
被災していました。

↓現地調査
(熱海・沼津・薩摩川内・伊佐・さつま町)
https://www.facebook.com/japancsa/posts/4118688994834077

熱海での貸出場所が確定し、昨日、人吉から熱海に
向けて第1陣として5台の車が出発しました。沼津
での調整が整えば沼津へも車を届け、また随時
ニーズに合わせて車の台数を増やしていく予定です。

26日(日)から貸出を開始する予定ですが、
先行して本日から予約の受付を開始いたします。

私たちはクルマのことしかできません。
だからこそ、クルマでできることは、しっかりと
支援を届けたいと思います。


令和3年7月豪雨専用サイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/2021disaster


《応援方法》
この支援を滞りなく行うために応援をよろしく
お願い致します。

ふるさと納税で応援 
https://japan-csa.org/benefaction/furusato.php

寄付で応援
http://japan-csa.org/benefaction/benefaction.php

※例年のようにTポイントで応援(Yahoo基金)
できる専用サイトも準備中です。
近日中にご案内いたします。

────────────────────────
 ◆10年ありがとう会(7/30)
────────────────────────

今月から10周年ありがとう月間として、これまでの
活動を振り返りながらお世話になった方々に感謝を
伝えるブログを毎日投稿しています。
(今のところ1日も欠かさず投稿がんばってます)

様々な方々からメッセージもいただいていて
それに目を通すと本当に胸が熱くなります。

最後まで投稿を続けてまいりますので、ぜひブログを
ご覧いただければと思います。

さて、今日はこの企画の最後の締めくくりとして
オンラインイベント「10年ありがとう会」を開催
することに致しました。

7/30(金) 報告の部 19:00 - 20:00  
      懇親の部 20:00 - 21:00
※zoomで開催します。

これまでの10年間をぎゅっと総ざらいしながら
これからの取組についても発表します!
後半の懇親の部ではざっくばらんな交流の時間
を参加いただいた方々と持てたらと思ってます。

参加ご希望の方は7/28(水)12:00までに以下の
フォームからお申し込みください。
https://forms.gle/CQkEXx2vod1ZvfGM6

皆様のご参加お待ちしております。

────────────────────────
 ◆「大山カーシェアリング会」発足
────────────────────────

かねてからテスト運行を行ってきた鳥取県大山町で
「大山カーシェアリング会」が6月26日に会合が
行われ発足しました。大山町では逢坂地区の
「のってこや」に続く2地域目となります。

この地区は地域の診療所でもともとサロンが
行われており、その活動と上手く組み合わせて
取り組まれる予定です。
まちづくり協議会である「まちづくり大山さん」が
中心となり、様々な調整が行われ、取り組みが
始まりました。

発足の会合では、オンラインで参加させていただき、
これからのこと等色々とお話させていただきました。
利用や協力者から活発な意見もでて、活発な場と
なりました。
地域医療との連携など本当に楽しみの地域です。

しっかりと応援していきたいと思います。

https://www.facebook.com/japancsa/posts/4122868807749429

────────────────────────
 ◆メディア掲載
────────────────────────

河北新報のコラムで10周年ブログについて紹介
いただきました。2011年6月に車の届け先を決める
ために仮設住宅をめぐっている時に出会った記者の
佐藤さんが書いてくれました。
https://kahoku.news/articles/20210709khn000003.html
?
────────────────────────
 ◆車の寄付絶賛募集中
────────────────────────

生活が困窮している方々からの相談が増えており
石巻に車が足りない状況が続いています。

もし周りで車の買い替えなどで車を手放される方が
いらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

車の寄付の申込先
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php

────────────────────────
 ◆スタッフ募集
────────────────────────

共にこの活動を推進するスタッフを募集しています。
詳しくはコチラをご参照ください。
https://www.japan-csa.org/staff/staff.php

────────────────────────
 ◆編集後記
────────────────────────

これまで調整してきたことが7月後半で色々と身を
結ぶことができそうです。改めてご報告させて
いただきますね。

災害の対応も加わりこれまでにない位ハードな
日々を過ごしていますが、こういう時こそ、
目の前のことに一つ一つに集中しながら、
しっかり取り組んでいきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇メールニュースの停止◆
 
退会用URL:  http://japan-csa.org/xmailinglist/mailnews3/  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇発行元◆◇

一般社団法人日本カーシェアリング協会
吉澤武彦
〒986-0813 
石巻市駅前北通り一丁目5番23号
TEL 0225-22-1453 FAX 0225-92-7820
E-mail:info@japan-csa.org
HP:https://japan-csa.org/
TW:http://twitter.com/#!/JapanCarSharing
FB:http://www.facebook.com/japancsa

【メールニュースvol.58】◆ 1カ月 ◆

2020.08.05

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日本カーシェリング協会メールニュースvol.58】
      2020.8.4 ◆ 1カ月 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<主なTopic>
 ・熊本架け橋ドライバーチーム  
 ・日田市での貸し出しを開始
 ・「人吉の味噌」と「日田のようかん」
 ・車のリサイクルで被災地支援
 ・現場の風景
 ・佐賀県の山口知事訪問
 ・九州初のコミュニティ・カーシェア説明会
 ・編集後記

 

────────────────────────────
 ◆熊本架け橋ドライバーチーム
────────────────────────────

 

発災から1カ月がたちました。
現場では、うだるような暑さの中毎日車の受け入れと、
登録と、貸し出しを繰り返しすすめています。

 

これまで75件の貸し出しを行いました。
ただ、現時点で85件の待機者がいらっしゃいます。
シェア利用いただきながらお待ちいただいている方も含めると
100件近い待機者がいる状況にあります。

 

圧倒的に車が足りない状況の中、熊本県内で17台の車の寄付
の申し出をいただきました。ただ、今度は申し出ていただいた車を
現地に運ぶ人手が現地のスタッフだけでは足りない、ということ
になりました。そこで急遽呼びかけさせていただいたのが、
熊本県内の車の運搬ボランティア「熊本架け橋ドライバーチーム」です。

 

facebookでの架け橋ドライバーの呼びかけの様子
https://bit.ly/3gnP9ft

SNS等多くの方々がシェアいただき約30名の方々が参加いただき
今日も、石巻のスタッフがチームの皆さんと連絡を取り合い
ながら車の運搬のマッチングが何組か成立し運搬の手配が整い
ました。

 

新型コロナウイルスで全国からのボランティアや車を募集が
行えない中ではありますが、熊本県民の皆さんの力を借りながら
何とか前に進んでいます。

 

熊本県内では引き続き現地で活用する車の募集と運搬ボランティア
の募集を行っております。

 

熊本県内にお住まいの方お知り合いでいらっしゃいましたら
下記をご案内いただき、ぜひ協力いただければと思います。
https://bit.ly/2PrX1QV

 

※熊本県外の車の寄付は専門の陸送事業者の運搬も合わせて
 協力頂ける場合に限り募集しています。

 

────────────────────────────
 ◆日田での貸し出しを開始
────────────────────────────

 

大分県日田市から要請を受け、7月27日から日田市内での貸し出し
を開始しました。
2017年の九州北部豪雨で日田市の支援を行ったとき連携させて
頂いた、地元の松永さんと河津さんが代表・事務局長をつとめる
NPO法人リエラさんと連携させていただき、天ケ瀬保育園での貸し出し
を不定期で実施させていただけることになりました。

 

車を被災された個人の方だけでなく、土砂災害で道路が寸断され
た中津江地区の振興協議会へ3台車を貸出し、地域の中で柔軟に
活用いただいています。

 

●大分で貸出については下記の地元の報道機関でご紹介いただきました。
動画で当日の様子をご覧いただけます。

 

7/27 大分朝日放送 被災者に車を無償で貸し出し
https://www.oab.co.jp/news/?id=2020-07-27&news_id=15662

 

7/30 大分合同新聞 豪雨被災地支援に活用を 日田市で「支援カー」無償貸し出し
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/07/30/JD0059428070

 

────────────────────────────
 ◆「人吉の味噌」と「日田のようかん」
────────────────────────────

 

熊本・大分を中心に活動を進める中で是非皆さんにも
応援いただきたことを今日は2つご案内させていただきます。

 

ひとつめの応援いただきたいことは、今挑戦している
クラウドファンディングのリターンとして新たに追加
させていただいた人吉と日田の地元応援コースです。

 

<人吉応援コース 味噌>

 

人吉で始まったこの支援を周辺の自治体に案内に周っていた時
に立ち寄った芦北の道の駅でたまたま「球磨川」という
味噌を手に取りました。

 

製造元の住所が人吉ってなったので気になって調べたところ、
今回の水害で大きく店舗が被災された老舗の緑屋本店さんでした。

 

早速連絡を取ったところすぐに社長と連絡がとれ、
今回のクラウドファンディングのリターンとして
応援させていただくことになりました。

 

「弊社一番人気の米麦あわせ味噌。凝縮されたうまみと
まろやかな甘みが格別です。生みそ特有の風味や香りを
お楽しみいただける一品です。

 

商品名の「球磨川」は日本三大急流の一つ。尺アユが
取れる清流としても有名ですが、急峻な山間を流れる、
いわゆる“暴れ川”でもあります。この度の豪雨に
よる水害で、人吉・球磨地方は未曾有の被害を被りましたが、
その一方で私たち地域住民・企業は、それと同じくらいの
恩恵を長年、この“球磨川”から享受してきました。

 

弊社はこれからも、清流・球磨川とともに歩み、
人吉の味と心を届けることに、社員一同、全力を傾ける
所存です。自社の利益だけでなく、故郷・人吉を広く
全国の人に知ってもらうことに貢献したい、との思い
から命名された「球磨川」を是非ともご賞味ください。」
(青木社長メッセージ)

 

<日田応援コース ようかん>

 

日田でご紹介いただいたのは、天ケ瀬地区で被災された 
御菓子つたやさんの玉露ようかん「杉木立(すぎこだち)」です。

 

天ケ瀬の美しい水と福岡八女の高級玉露を使い、1本1本
丹精込めて作りこまれ、1日40本しか作られない代物です。

 

「つたやの玉露茶羊羹は、大分の【日田杉】に由来した
羊羹です。福岡八女の高級玉露、豊穣な天領日田の水、
そして厳選された原材料である寒天、餡、砂糖を使い、
ひとつひとつ丹念に手間をかけ、心込めた美味しさ
あふれる羊羹です。

 

新緑の玉露茶羊羹は、日本三大美林である銘木【日田杉】
を彷彿させる風情から【杉木立】と命名させていただき
ました。」(つたやHPより抜粋)

 

**

 

緑屋本店さんも御菓子つたやさんも店舗が大きく被災され
ましたが工場は別の場所にあり、なんとか生産を続ける
ことができるとのことです。

 

リターンの発送時期などはご負担のない形で対応いただく
ので若干遅くなってしまう可能性があることはご了承ください。

 

人吉応援コース 味噌(4,000円)
日田応援コース ようかん(5,000円)
※いずれもサンクスレター・クルーステッカー付

 

↓お申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/307514

 

クラウドファンディング期間中、現地で出会いがあれば、
このような形で紹介し、応援を行ってまいります。

 

────────────────────────────
 ◆車のリサイクルで被災地支援
────────────────────────────

 

ふたつめの応援いただきたいことは、車のリサイクルによる
被災地支援です。

 

現在、熊本県内の方から活用できる車を募集していますが、
同時に、エリアを限定せず全国の方から「活用できない車
(リサイクルさせていただける車)」を募集します。

 

<「車のリサイクル寄付」キャンペーン(8/1~8/31)>

 

車の寄付の申し出のなかで、車検が切れているけど何かの役に
立ちますか?といった問い合わせがあります。

 

リサイクル会社様と一緒に取り組んでいる「車のリサイクル寄付」
なら、私たちの活動を通じて被災地支援に役立たせることが
できます。

 

「もう走るのは難しいですね」
「値段もつかないですよ」

 

と言われた車でも、リサイクル寄付の仕組みなら、被災地で
困っている方の力に変えることが出来ます。

 

そんなことを広く知っていただけるように、8月1日ー8月31日を
キャンペーン期間とし、”全国から”使用済み自動車を募集する
ことと致しました。

 

この仕組みでご寄付いただいたお車の査定金額は、被災地等で
活用する車の維持管理費、や現地の活動費として活用するさせて
いただきます。

 

車はほぼ全国※、無料で引き取りに伺います。
提携している自動車リサイクル企業に協力いただきます。
※一部地域では引き取りが難しい場合がございます。

 

お家で眠っているお車、買い替えに伴って不要になるお車がある
方がいらっしゃいましたら、是非お知らせください。

 

活用できる場合もそうでない場合も、「車を寄付する」という
選択肢を日本に根付かせていけたらと思います。目標は100台!
情報を拡散していただけたら嬉しいです。応援よろしくお願いします。

 

↓リサイクル寄付の申し込みはこちらから
https://www.japan-csa.org/benefaction/car.php 

 

↓より詳細な内容はこちらから
https://www.japan-csa.org/blog/archives/1772

 

────────────────────────────
 ◆現場の風景
────────────────────────────

 

カメラマンとしても活躍するスタッフの鈴木省一君が現地で
活動する中で撮影した現場の風景です。撮影してから
1週間以上たっていますが、現場の様子を垣間見て頂ければ
と思います。

 

熊本県球磨村 神瀬地区 7月22日撮影
https://bit.ly/31fQ8Yv

 

熊本県八代市 坂本町 7月22日撮影
https://bit.ly/30nSk0U

 

大分県日田市 中津江 7月26日撮影
https://bit.ly/3fu4Dgq

 

────────────────────────────
 ◆佐賀県の山口知事訪問
────────────────────────────

 

5月に佐賀県と協定を締結した際、コロナの影響で締結式を行う
ことができなかったので、その後県側で調整を進めていただき
7月27日に山口知事へ表敬訪問する機会をいただきました。

 

九州支部の役割や今後の展開についてお話させていただきました。

 

今回の水害対応では被災地に車を届けるために石巻から8日
かかったこと(タイミングによっては10日かかる)に対して
九州支部を設置した武雄からだと翌日に届けることができました。

 

設立して間もない九州支部では19台を届けるにとどまりましたが、
今後九州で災害が起こった時に、より多くの車をスピーディに
現地に届けることができる体制を作りを行ってまいります。

 

またこうした体制整備は九州だけでなく、日本全国のブロック
ごとに必要である考えていて、それについても一歩ずつ進めて
いきたいと思います。

 

●訪問の様子は下記の地元の報道機関が紹介してくださいました。
動画で当日の様子をご覧いただけます。

 

7/27 NHK佐賀 被災者に車貸し出す団体が表敬
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20200727/5080006533.html

 

7/28 佐賀テレビ 日本カーシェアリング協会が山口知事を訪問 7月の豪雨を受けた活動を報告
https://www.sagatv.co.jp/news/archives/2020072803267

 

7/28 佐賀新聞 日本カーシェアリング協会、吉澤代表理事が知事表敬
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/553534

 

────────────────────────────
 ◆九州初のコミュニティ・カーシェア説明会
────────────────────────────

 

様々な地域でコミュニティ・カーシェアのお話をさせていただ
いていますが、これまで九州で依頼いただいたことはありません
でした。それが、なんと九州支部を設置した武雄市の東川登町の
地域の方々から依頼を受け、実現しました。

 

佐賀移動ネットの江口代表がこの地域で今月上旬に移動支援の
講師としてお話された中で、コミュニティ・カーシェアの紹介
をしていただいたところ、地域の方々に関心を持っていただき
私の佐賀訪問に合わせてセッティングいただきました。

 

九州支部を設置したので、佐賀県でコミュニティ・カーシェアの
お手伝いができたらな、と思っていた矢先、まさか九州支部を
設置した地域からお声がかかるとは夢にも思いませんでした。

 

地域のみなさん、本当に熱心に聞いてくださり、嬉しくなるほど
質問もいっぱいいただきました。

 

これから地域の中で話し合っていただくとのことです。
「これはやらない手はない・・・」といった嬉しい声も聞こえて
きました。実現するといいなぁ~。

 

●この時の様子は下記の投稿で紹介しています。
https://bit.ly/30q1Xw1

 

────────────────────────────
 ◆メディア掲載
──────────────────────────── 

 

当協会の取組の初期のころから現在の活動をインタビュー記事
として紹介頂きました。

 

suumoジャーナル 石巻発。車で地域をつなぐコミュニティ・カーシェアリング
https://suumo.jp/journal/2020/08/03/174125/

 

────────────────────────────
 ◆編集後記
────────────────────────────

 
2週間の九州滞在の後、一旦宮城に戻った私と鈴木が真っ先に
向かったのはPCR検査。2人とも無事陰性であることが確認できました。

 

現地では細心の注意を図りながら対応にあたってはおりますが
安心して支援を続けるために、PCR検査で随時確認を行いながら
私たちなりにコロナと災害の両方にに向き合って取組を続けて
まいります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇発行元◆◇

 

一般社団法人日本カーシェアリング協会
吉澤武彦
〒986-0813 
石巻市駅前北通り一丁目5番23号
TEL 0225-22-1453 FAX 0225-92-7820
E-mail:info@japan-csa.org
ホームページ:http://japan-csa.org/
Blog:http://japan-csa.seesaa.net/
Twitter:http://twitter.com/#!/JapanCarSharing
Facebook:http://www.facebook.com/japancsa