活動レポート
REPORT

[免許返納インタビュー]「今はとっても楽しいの」

2019.06.10

今回は「免許手放そうと思ってまず車を手放したよ~」という

市内コミュニティ・カーシェアリンググループの活動に1年程前から参加している

阿部さん(74歳)にお話をお伺いしてきました。

 

[コミュニティ・カーシェアリングについてはこちら]

 

 

右が阿部さん。

お顔をだすのは恥ずかしい、とのことで後ろ姿でのご登場です。

 

 

阿部さんは新潟県のご出身で、石巻へは結婚を機にいらしたそうです。

保険の営業をしており、車でお客様のところを訪問していたそう。

現在は息子さんと二人、復興公営住宅にお住まいです。

 

 

 

ー免許を返納しようと思ったこと、また車を手放したきっかけはなんですか?ー

 

 

ひとつはここの復興住宅に入居して、駐車場が5階の部屋から

隣の棟の遠い位置になって、億劫に感じてきたの。

 

それと仮設から持ってきた家電が8年も経って、そろそろ壊れ始める頃でしょう。

年金も少しずつ減ってきてるし、先々の家計のことを考えると、

車検代の10万円も節約しておきたいなと思って。

なによりここは駅もバス停も近いし、元気なうちは歩いてイオンに行けるし、

カーシェア会もあるから、私も何か人様に迷惑をかける前にと思って、

まずは車を去年の11月の車検で手放しました。

免許は有効期限の再来年8が月までは持つつもりだけど、もう運転することはないでしょうね。

でも50代の頃からゴールド免許なのよ。

 

 

ーカーシェア会の活動はどうですか?ー

 

私はまだ近くのスーパーや病院まで歩けるから日常の外出ではお世話にはなってないけど、

いずれお世話になるわね。

先々のことをあれこれと考えて行動しちゃう私の癖ね。

車がない方がとにかく健康なのよ!!

 

だから、おちゃっこ会と日帰り旅行には参加しています。

みんなでわいわいといろんなところに行けるのが、もうとっても楽しくてね。

カーシェア会に参加して友達もできたのよ。

 

私は石巻にはお嫁に来たから、石巻に身内がいるわけでもないのね。

震災があって、実家の新潟の方からは帰ってこないかって話もあったんだけど、

故郷に錦を飾るわけでもないのに帰れるかー!と思って石巻に住み続けることにしたの。

だから、親も親戚もここの町にはいないけども、今の生活はとっても楽しいの。

 

(松島ツアーで談笑しながら歩く阿部さん)

 

 

もう息子も「いってこい、いってこい」って送り出してくれる。

一緒におこづかいもくれたらいいんだけどね。(笑)

 

 

 

とってもパワフルで明るい阿部さん。

昔から日記と家計簿を毎日欠かさずにつけているそう。

1年前、2年前のこの日は何していた、誰とどこへ出掛けたなどを日記を書いているそうです。

この日記帳にカーシェア会での思い出がどんどん増えていくといいですね。

 

 

カーシェア会の活動は、日常の外出支援だけではありません。

 

おちゃっこ会(サロン活動)を開催してみんなで集まったり、

日にちを決めて乗り合いで買い物に行ったり、季節の花々を見に行ったり、

おいしいごはんを食べに行ったり。

 

楽しみながら活動に参加しているうちに、

いつの間にかその方の周りに助け合いの輪ができているのです。

 

 

「歩けるうちは自分の足で歩く。

 

でも、いずれ歩けなくなったら、その時は乗せてってね。」

 

そんな助け合いを育むカーシェア会の活動を改めて素敵だなと実感しました。

 

 


[コミュニティ・カーシェアリングについて詳しく知りたい方はこちら]

 

[コミュニティ・カーシェアリングの活動を応援したい方はこちら]